抜け毛や薄毛の理由|現在の発毛テクニック

男の人

医療保険適用外の治療方法

男性女性

agaの治療は今のところ健康保険が適用されません。治療方法としては、飲み薬と育毛剤、植毛や発毛という方法があります。しかし、これらは厚生省が定めた医療保険の対象でありません。そのため、万が一という時の保証はありません。上記で紹介したaga治療方法の金額は以下の通りです。まず、飲み薬であれば、1ヶ月分が約7000円から10000円ほどです。使われる薬は、ジェネリック医薬品のエフペシアやフィンペシア、フィンカーなど、他にもいくつかあります。塗り薬の場合は、有名なものをあげると2種類あります。まず、リアップというものですが、1ヶ月60mlで約7000円から8000円ほどで飲み薬とあまり差はありません。それに対し、ロゲインというものだと、同じ60mlの用量ですが2500円程度と比較的安価で購入することができます。発毛注射の場合は、1回で約30000円から40000円ほどと言われています。アメリカから輸入したHARG治療というものでは、約70000円から90000円ほどと言われています。植毛の場合は、本数あたりの単価になりますが、約300円から1000円ほどで、1000本移植とかになってくると30万から100万くらいの高額治療になります。病院でaga治療する場合は、専門病院か一般病院かで値段が違います。
一般病院では主にジェネリック医薬品などの錠剤を処方されるため治療方法としては安い方で済みます。専門病院では、その知識を元に患者に適した治療方法を選んでもらうことができます。しかし、一般病院よりは比較的高くなりがちです。aga治療は、進行を止めることはできないので、早期発見をして進行を少しで遅らせることができるようにするという対象方法になります。